歯周病治療

歯周病について

ブラッシングなどをきちんと行わずお手入れの状態が悪いと、歯垢(プラーク)がたまり、歯垢の中にいる細菌(歯周病菌)が、歯槽骨を攻撃していきます。

30歳以上の方の80%以上の方が歯周病と言われていますが、初期の歯周病には自覚症状がほとんど無いため、気が付いた時には歯周病が進行していることも少なくありません。

歯周病が進行してしまうと、歯を抜く以外に治療法がありませんので、日頃のお手入れと、定期的な健診が大切になります。

歯周病の進行と治療法

通常、歯周病は自覚症状が無いまま進行していきます。「歯がグラグラする」と感じた場合、それは歯周病の進行がかなり進んだ状態といえます。歯周病を予防し、いつまでも健康的な歯を維持する為には定期的なケアが欠かせません。

健康的な状態

一般的に、歯周病にかかっていない健康的な歯茎は、ピンク色をしていて、引き締まっています。
より健全な状態を保つために、毎日丁寧にプラークコントロールを行いましょう。

【プラークコントロール
お口の中では、常にプラーク(歯垢)が付着し、放置していると歯周病菌が増殖します。歯ブラシやデンタルフロスを使用して歯垢を除去することでプラークの増殖を抑制し、歯周病の予防するのがプラークコントロールです。当院では、歯垢を残さない効果的なブラッシング方法をお伝えしています。

歯茎が腫れる、歯がネバネバする

歯に歯垢が付着すると、そこから歯周病菌が増殖を行い、歯がネバネバする・歯茎が腫れる・歯茎から出血するなどの症状が表れます。

スケーリング
お口の中に歯垢が溜まったままの状態が続くと、歯垢がカルシウムと結合して固い歯石になります。歯石はブラッシングでは取り除くことができません。
スケーラーという器具を用いて、歯の表面にこびり付いた歯石を除去し、歯周病を改善します。

歯茎から膿が出る

歯と歯茎の間に歯周ポケットができ、ここに歯周病菌がたまることで、歯茎の炎症がひどくなり、顎の骨が溶かされます。

【歯周ポケット掻爬(そうは)
歯周ポケットの内部にある炎症を起こした歯肉などを、専用の器具で掻き出してきれいにし、炎症を軽減することによってポケットを浅くする治療です。

歯がグラグラする、歯茎が痩せて歯の根元が見える

さらに進行すると、歯周ポケットが深くなり、最終的には顎の骨が無くなるのでグラグラになり、歯が抜け落ちてしまいます。

EPARKネット予約受付中

はりま歯科クリニック
〒753-0825 山口県山口市矢原町7-8
TEL:083-941-5522
FAX:083-941-5515

地図

診療スケジュール

2017年/1月
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31










休診 午前休診 午後休診

2017年/2月
 

1 2 3 4
5 6 78 910 11
12 13 1415 161718
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28


 

休診 午前休診 午後休診