審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは、虫歯や歯周病といった「歯の病気」の治療とは少し異なります。欠けてしまった歯並びや歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作る治療です。

気になる部分の歯を削り、人工の歯を装着することで自然の歯に近い、白く美しい歯を手に入れることができます。 金属を使用しない素材を装着すれば年月がたっても黒ずみしません。

審美歯科によるメリット

審美性
天然の歯に近い色合いと透明感がある
長年使用しても変色がない

機能性
強度があり、硬い食べ物を噛んでも割れにくい

安全
金属を使用していない素材なら、金属アレルギーの心配がない

用途による分類   

◆クラウン
歯を全体的に削って、その上から人工の歯を被せる治療です。歯の色だけでなく、形や歯並びを改善させることができます。

◆インレー
虫歯を削ったところに詰める、詰め物のことです。通常の保険診療では銀歯を入れますが、自由診療で白い人工歯を入れることができます。前歯だけでなく、奥歯も白く美しい歯を手に入れたいという方におすすめです。

◆ラミネートベニア
歯の表面を薄く削り、その上からセラミック製の人工歯を接着する方法です。前歯の治療に使用し、歯と歯の間のすき間も改善することができます。

素材による分類

◆オールセラミック
全てがセラミック(陶器)を使用して製作した素材です。金属を使用しないため見た目が天然歯に近く、金属アレルギーの心配もありません。

◆ハイブリッドセラミック
レジン(プラスチック)とセラミックを混ぜて製作した素材です。将来的に色が変わってしまいますが、柔らかい素材なので、周りの歯を傷つけにくいです。

◆メタルボンド
金属性の人工歯の上からセラミックを焼き付けた素材です。人工歯の中では最も古くから使われ、強度も強いのが特徴です。

◆ジルコニア
人工ダイヤモンドとしても知られているジルコニアで作られた被せ物は、見た目や色が自然の歯に近く、金属の物に比べても強度が高いのが特徴です。金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも安心して使用して頂けます。

白いつめものにしたい

詰め物(つめもの)、インレーとは

虫歯が小さい場合、その虫歯部分のみを削り取り、つめもの(インレー)を詰めることで治療を終了することがあります。虫歯の大きさや噛み合わせの状態によってつめものではなく、クラウン(被せもの)による治療となることがあります。かぶせものやつめものは最短中一日で出来上がりますので、治療から仕上がりまでスムーズです。

白いつめものについて

奥歯に詰める、或いは被せる素材を金属のものではなく、白い素材のものにしたいといった要望にもお応えしています。様々な素材がありますので、よく相談した上で選択して頂いています。

マウスピース矯正

当院ではマウスピース矯正もおこなっております。詳しくは当院までお問い合わせください。

EPARKネット予約受付中

はりま歯科クリニック
〒753-0825 山口県山口市矢原町7-8
TEL:083-941-5522
FAX:083-941-5515

地図

診療スケジュール

2017年/1月
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31










休診 午前休診 午後休診

2017年/2月
 

1 2 3 4
5 6 78 910 11
12 13 1415 161718
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28


 

休診 午前休診 午後休診